技術情報

東北精密が得意としている設計分野

接合部品の設計 ICテスト用高速ハンドラーの設計 ウェハー搬送系の設計

接合部品の設計・制作

東北精密は世界的シェアを誇る半導体製造装置メーカーから技術サポートを頂き、製造装置の心臓部に使われる接合部品等の設計から製作までを担当しており、特に弊社はこれ迄培ってきた接合技術を駆使し、真空部品や圧力容器等の技術開発に力を入れております。

また、コンセプトエンジニアリング技術でコストダウンや性能向上の為の設計を得意としております。

製品用途に応じた材料、接合方法の提案

現在製作されている製品の材料,接合方法はお客さまの要求に本当にマッチしているのでしょうか?
・品質の信頼性の向上
・製造工程の合理化
・コストダウン

これらを達成するために東北精密がご提案させて頂きます。

接合

接合技術を駆使した設計

長年培った技術を駆使し、接合方法に応じた最良の継手設計を致します。 東北精密で製作している製品には以下のようなものがあります。
・高真空チャンバー
・冷却構造品
・高気密構造品

設計

接合方法

東北精密の技術力を持って、TIG溶接,ろう付,HIP(熱間等方圧法),拡散接合によりご対応させて頂きます。

接合方法

製品用途に応じた材料、接合方法の提案

以下のような製品の性能検査(非破壊)、性能評価・分析(破壊)を行い、お客様に信頼して頂ける製品をご提供致します。
・硬さ試験
・顕微鏡によるミクロ観察,マクロ観察
・非破壊検査(放射線透過試験,超音波探傷試験,浸透探傷試験)
・リーク検査(気密試験,耐圧試験)

リークディテクター

接合の提案

※東北精密独自の観点から製品の使用環境等を考慮した性能の評価方法をご提案致します。

JWES(日本溶接協会)の特殊材料研究委員会のメンバーとして、ステンレス鋼をはじめ、ステライト合金やチタン合金・耐熱合金等、絶えずその時代の先端的な材料の接合技術開発に積極的に取り組んでおります。

産学官連携による、マテリアル開発を含む接合技術の開発研究を行っております。

搬送系ロボットの設計・製作

主に半導体分野(特に半導体をテストし高速で搬送するハンドラー)や産業機械を、東北精密では設計から部品加工・組立まで一貫して行うことが可能です。

【ICテスト用高速ハンドラー】

対象パッケージサイズ □3~□35
デバイスの供給、取出し JEDECトレイ(特殊トレイ可能)
トレイ25枚スタック可能(不良品トレイは1枚)
インデックスタイム 0.8sec
サイクルタイム 6.0sec(2個同測時)
ソケット部 1、2個同測
DUTピッチ80mm
コンタクト圧力 50kg
等圧クランプ機構付き(エアーコンタクター方式)
分類数 2分類
1トレイは複数分類可能
安全対策 フルカバーでトレイ交換時は停止
搬送系ロボット